早起きは三文の得!?朝活を3倍楽しみ“美”へと繋げるコツ

「早起きは三文の得」と言われますが、寝不足で不機嫌な朝は、三文得するどころか、むしろ、「お金払って済むくらいなら払うから、あと三分寝かせてくれ!」と叫びたい心境かもしれません。

寝足りない状態で、つらいつらいと思いながら起き上がるのは美容のためにもよくありません。

早くに就寝できればそれに越したことはないのでしょうが、仕事や家事、育児に追われてようやく布団に入れたら真夜中、という人も大勢いるでしょう。

しかし、睡眠時間が短くとも、質の高い眠りを得られていれば、「グッスリ眠って疲れがとれた!」と寝覚めの良い朝を迎えられるのです。

十分な睡眠が取れていれば、肌つや、顔色も好調。化粧ノリがよくなること請け合いですし、深い眠りによってストレスからも解放されて気持ちも晴れ晴れしていることでしょう。

反対に、どんなに長時間眠っても疲れが取れないという場合もあります。

心配事が多く、眠りが浅く、現実とリンクするような悪夢を見つづけ、まったく寝た気がしないなんてことも…。

実はこういう場合こそ、早起きによるメリットが実感できるものなんです。

眠れないなら無理して眠らずいっそ起きてしまえ!という逆転の発想です。

起きて、あなたがすべきことは、「とことん自分を甘やかす」これに尽きます。

ダイエット中なら、ぜひ食べてください。朝のカロリー摂取は夜間より、体内への蓄積が少ないもの。普段なら罪悪感に苛まれるような高カロリーの嗜好食を楽しんで欲しいと思います。

早朝は夜間より量を食べられないものなんです。摂取量が少なくても満足できる上、カロリー消費は夜間より朝の方が高いのだから、朝の嗜好食、オススメですよ。

好きなドラマ、映画のDVDを見る。音楽を聴く。運動をする。…なんでもいい、心の声に忠実に、やりたいことだけやりましょう。

すべきことは、体によいことだったり、しなければならないこと、ではありません。

結果的に体によいことであったり、しなければならないことが偶然片付いた、というならいいんです。しかし、この朝活は、義務や責任感で縛られるべきではないんです。

やりたいこと、自分を喜ばせること、脳が嬉しい!と感じること。これを基準に実践して欲しいのです。

とにかく、楽しんでください。普段の三倍は、楽しんでください!

大切なのは、罪悪感を覚えないこと。好きなこと、やりたいことをやって、「これをやったらあとで困る」なんて絶対に思わないこと。

この時間はとことん楽しみ、困るんだったら、あとで困ればいいんです。… 実際にはあとで困ることもなくなっていたりするから不思議なものです。

ストレスはすべての効率を悪くします。眉根を寄せて暗い表情で、疲れが取れないまま、仕事や家事や育児をつづけるのはしんどいものです。端から見ていても気分のよいことではありません。

そんなあなたに対し、「もっと真剣にやれ!」「働きや献身がぜんぜん足りない!」と言ってくる人があれば、…笑顔づくりのときと同じです。その人の表情を観察してみましょう。

聡明なあなたなら気づくことが絶対にあるはずです!

ストレスの元は早めに取り去るのがいちばん。できる限りストレスフリーの状態であることが、あなたの表情を晴れ晴れと輝いたものにし、さらなる美へのステップを踏み出させてくれます。

睡眠不足で不機嫌になりがちなときほど、好きなことだけやってみる朝活がオススメ。

今日は好きなことをやり切れた!と感じて眠りにつけば、グッスリ質の高い眠りが得られ、翌朝の美肌に繋がること間違いなし!